税理士と上手く付き合う方法

このような状況でお困りではありませんか?

  • 毎月の試算表や決算書だけでは専門的な知識が必要で、これらの書類からどこを見て何をすれば良いか分からない。
  • 会社の業績と試算表や決算書が一致しない

数字に基づく経営が重要との認識があっても上記のような場合、経営者様の感覚で経営せざるを得ないといった問題があるのではないでしょうか。

経理業務の効率化を図るためには

  • わかる業績報告できちんと儲けを理解する
  • 数字から経営課題を正確につかむ
  • 経営課題への取り組みで更に利益を伸ばす
  • 伸ばした利益で次なる投資を行う

毎月の業績を正確に早期で把握することで、数字から見た会社の課題が次第に見えるようになります。
この課題に対して取り組みを繰り返し行うことで、利益を出すことに意識が集中していきます。

毎月の顧問料、決算料は明確に

税理士に支払う毎月の顧問料・決算料の金額が他の税理士と比較して高いのか安いのか、比較が難しい原因はサービスの中身が不明瞭だからです。
会社が税理士に何を期待して契約しているのか、そのサービスの内容を明確に提示する必要があります。

当事務所のサポート体制

  • 月次決算書の数字を分かり易く簡単に説明します。
  • 黒字決算の実現に向けて業績管理の体制作りをサポートいたします。
  • 税法の改正に関する情報をタイムリーに配信いたします。
  • 毎月の顧問料・決算料の金額を明確にご提示いたします。
  • 全ての顧問先を当事務所代表が担当し、面談して報告をいたします。

当事務所では、迅速かつ柔軟な対応・細かい気配りで、業務の効率化・合理化を目指し会社経営をトータルにサポートいたします。

お問い合わせ

ページトップへ戻る